就学前に教えておきたいルールやマナーについての総合情報

>

ルールやマナーを守れる子どもに育てるには

ルールやマナーどうやって教えていくべき?

大人にとっては常識と思えるルールも、当たり前だと感じているマナーも、子どもにとっては未知なる知識です。
そんな子どもに対して、大人はどのように社会の規範を教えていくべきでしょうか。
まず、ルールやマナーを学ばせる為のルールを決めましょう。
例えば、ルールを守らなければ一定のぺナルティを課すなど、家庭内で話し合いながら規則を作ります。
そしてルールを守れればしっかりと褒めてあげる事も肝心です。
本来ルールやマナーとは他者と協調して生きなければならない社会が生み出したものです。
なので決して禁止や強制で教え込むものではなく、こうすれば他の人が快適に過ごせる、といった他者の気持ちを汲み取る事に真意があるものです。
ルールやマナーを教える時は、常に子どもの気持ちも汲みながらも、他者の気持ちを悟らせるような教え方をすべきです。

まとめ

ルールやマナーの教え方はとても難しいものです。
ようやく自己を形成したばかりの子どもにとって、他者の気持ちを汲み取り、協調性を持つ、という考えは中々理解しにくいものでしょう。
しかし、小学校に上がればそうも言ってられません。
これまでに経験した事のない数の同級生に囲まれ、知らない大人達と半日を過ごす小学校生活では、場面や状況に則したルールやマナーを求められ高度な社会性を要求されます。
小学校はこれまでの生活とは大きく異なり、大人の目も中々行き届きにくくなります。
子どもの世界独自のルールやマナーもあり、大人が容易に介在する事も難しくなります。
そうなる前に基本的なルールやマナーをしっかり教え込んでおきましょう。
しっかりとしたしつけが結果的に子どもに快適な学生生活を提供する事になるのです。


この記事をシェアする